あけましておめでとうございます。

Pocket

振り返ると、2010年に患って以来、きっちりリハビリをしながら自分に新たに負荷をかけつつ、そしてこの五年は、一段一段、心患うことなくのぼってきた感じがします。

勘と勢いだけで記録を出してきたアスリートが、怪我を機に、自らの体を知り、新たな技術を身につけた、そんな感じに近いです。(そこまでかっこよくないけど)

昨年は、「エゴを捨てる」という言葉が年明けにすっと入ってきたおかげで、あれだけ荒波に揉まれた一年でしたが、冷静に対処できました。

仲間や、仕事上のスタッフにも恵まれ、また、見守ってくださるたくさんの方にも支えられましたが、昔の私だったら気づけなかったかもなぁ、としみじみ思う毎日でした。

改めて本当にありがとうございました。

ただ、年末になってなんだかもやっとする。なんだかつまらない。なんだこれは、と慎重に観察してると「自分語り」が増えている気がしたのです。*過去を語っている。あぶない、これはつまらんわけだ。

そんな時、坂元 裕二さんの「プロフェッショナルの流儀」でのセリフがよぎりました。

「集大成なんて過去のストックで書いてますってことでしょ」

あやうく、自分語り、自己主張だけ強くて相手の話を聞かない、過去の尺度でわかった気になってものを喋る老害の入り口に足踏み入れるとこだった。笑

今までの手法、こだわり、思い込み、既成概念を再度捨てて、攻めねば。

今年から来年にかけては、そんな感じで、自分のサビを落とし、磨き上げる年にできればと思います。

インプットとアウトプットの総量倍、さらに倍でがんばります。

つまり、遊び倒して仕事も頑張る! というわけで今年もどうぞよろしくお願いします!

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください